妊娠線予防や肌ケアコスメで美レベルUPを目指そう│カラダの美化粧

妊婦

肌をいたわる

お腹

乾燥肌の方は保湿などのスキンケア対策を念入りに行う事が大切となりますが、これらの商品には様々な有効成分が含まれており、人気の商品を探すにはインターネットのランキングサイトを活用して対応される方が多く見えます。

»詳しく見る

綺麗なお腹に

妊娠線が気になるママにおすすめの予防法を紹介します。ケアコスメを使うだけで、妊娠する前のキレイな体を維持出来ちゃうのです。

妊娠線の原因や特徴

美容クリーム

薄い布状のビニールやゴムなどは、ある程度の弾性があるものの、強い力で引っ張るとたるんでしまいます。たるんだ状態でさらに引っ張ると、亀裂が入って破れてしまいます。こういった現象が、妊娠中の子宮の膨らみによってお腹の皮膚にも起こるのですが、それによってできた亀裂が妊娠線です。 子宮が膨らんでいくにつれて、お腹の皮膚が引っ張られていくので、妊娠線は子宮のある部分を中心に生じていきます。そのため子宮の周辺には特に大きな妊娠線ができやすいのですが、それはつまり、予防もしやすいということです。場所が特定されているわけですから、そこにあらかじめケアを施しておくことで、予防することが可能になるのです。そして、弾性を超えた力で引っ張られることが原因ですから、予防には皮膚の弾性を高めることが有効と言えます。

産後もきれいなお腹に

具体的にどのようにケアをすると皮膚の弾性が高まるかというと、まずは十分に保湿をすることです。ゴムもそうですが、乾燥するとカサカサとした状態になって、特に引っ張らなくても亀裂が入っていきます。皮膚も同じなので、乾燥を防ぐために積極的に潤いを与えておけば、亀裂は入りにくくなっていくのです。 さらに、弾性線維のエラスチンやコラーゲンなどが配合されたクリームを塗ることも、非常に有効です。エラスチンとコラーゲンが多くなるにつれて、皮膚の弾性は高まり、引っ張る力に合わせて伸びやすくなるのです。 十分に弾性を高めておくと、伸びやすくなるだけでなく、縮みやすくもなります。そのため妊娠線の予防をしておけば、出産後にはお腹の皮膚は、たるまずに元に戻りやすくなるのです。

用途に合わせて変える

美容クリーム

自分のまつげとエクステを装着するのには専用の接着剤が必要になります。専用の接着剤をグルーと呼ぶのですが、このグルーの種類によってはエクステの持ちの長さも変わってきますから、用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

»詳しく見る

眼力アップに最適

美容クリーム

まつげエクステを装着するのには、サロンで施術を受ける方法と、自分で付ける方法があります。自分で付けるには通販で道具などを購入する必要があります。道具や材料さえ用意していれば簡単に自分で付けることが出来るのです。

»詳しく見る